June 23, 2005

コクーン歌舞伎「桜姫」観ました!

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで人気ブログランキング上位です
 

桜姫

「コクーン歌舞伎」は、1994年の「東海道四谷怪談」を第一弾として、渋谷のシアターコクーンの空間を使って(一階席前方の椅子を取り払って平場席を作り、役者さんがその客席を分け入って歩いたり、客席の隣に座っていたりと、役者さんをかなり至近距離で感じられます)歌舞伎座の歌舞伎とは一味違う、現代感覚の歌舞伎を目指してきました(歌舞伎座では行わない本水を入れた立ち回りや、本物のパトカーを登場させたりといった演出もコクーン歌舞伎ならではです)。

2年ぶりの第6回目となる今年の演目は東海道四谷怪談の作者として有名な四世鶴屋南北の傑作「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)」(昨年玉三郎さんが昨年20年振りに上演したというほど、上演頻度は高くない演目です)を「桜姫」とシンプルな名前にして今回コクーン歌舞伎に初登場です。

 

1回目から5回目までは勘九朗さんが主演でしたが、今年は勘三郎襲名興行があるので福助さんが主役でした。

 

物語は高貴な姫の流転物語。悪人に暴行され、子まで出来た揚げ句に遊女に身を落とす桜姫。今回の串田和美さんの演出は、この名高い演目を見世物小屋の出し物としてみせていました。口上役は、あさひ7オユキ(朝比奈尚行)さんがそのままの髪型で、めがねをかけて登場します。

 

桜姫は福助さんがずっと憧れていた役らしく、気合を感じました。昔の振袖をきると、元の姫に戻るのが綺麗。お姫言葉と女郎言葉がちゃんぽんになるせりふは秀逸でした(福助さんの真骨頂ですね)。

 

ならず者権助と女々しい高僧清玄の二役を、橋之助さんが演じています。ただ、江ノ島稚児ケ淵の場(高僧清玄は、かつて稚児白菊丸と江ノ島稚児ケ淵で心中を図り、独り生き残った。そして桜姫は白菊丸の生まれ変わり)を削ったせいか、両者の差が際立たなかった気がします。また早変わりも見所のひとつだったと思うのですが、勘三郎さんみたいにコミカルでかつ見せ付けるようにやっても良かったのではと思いました(芸風が違うからかもしれませんけどね)。

 

坂東弥十郎さんと中村扇雀さんの悪巧み老夫婦は面白かったです。特に扇雀さん歌舞伎座では絶対しないことをされていましたね(笑)。コクーン歌舞伎ならではの演出でした。それに比べると、主役の桜姫・権助・清玄などは、見世物小屋の雰囲気とは一線を画す、正統な歌舞伎を演じていた印象でした。

 

ラストは幽霊の清玄から権助こそが敵だったことを聞いた桜姫が、権助を殺し、乳飲み子を抱えて家を飛び出した瞬間、黒幕が切って落とされ満開の桜が目の前に広がります。ライティングも明るくなりすごく綺麗(これもコクーン歌舞伎ならではの演出ですね)。

真相を知り、すべてを断ち切る決意を固めてお家復興の決意を感じされる姿は福助さんにぴったり。サックスの演奏が流れる桜の紙吹雪が舞う中、狂乱の舞いを踊って幕が閉じます。

 

ただちょっと残念だったのは、今までのコクーン歌舞伎のような明るい悪ふざけがあまりなかったことですね。勘三郎さんの襲名興行と重なったことが少し影響しているのかもしれませんね。

 

 

最新ブログランキングはこちらから!

  

Posted by infocierge at 07:02Comments(8)TrackBack(1)

April 12, 2005

たった1,000円で歌舞伎見物 ?

人気ブログランキング参加中
おかげさまで現在3位です
 

歌舞伎ビギナー
今回は、歌舞伎の敷居が低くなるおはなしを
したいと思います。
 
歌舞伎から足が遠のく理由としては、大きく3つの
ポイントがあると思います。
 
1)上演時間が長い
2)チケットが高い
3)歌舞伎の言葉が難しくってわからない

 
この3つのポイントを乗り越えれば、歌舞伎に対する親近感も湧く
はずですよね。

では、ひとつずつ皆さんの不安を取り除いていきましょう。
 
1)上演時間が長い & 2)チケットが高い

確かに歌舞伎の上演時間は長いです。だいたい昼の部が11時から
始まって終演が16時、夜の部が16時半から21:00頃までです。
 
ただ、実は歌舞伎座の4階に「一幕見席」(最大150人収容)
という、歌舞伎の演目を一幕だけ見られるチケットがあるのです!
「一幕見席」 のチケットは全て、一幕見席専用窓口で
販売しています(当日券のみ)。

料金は演目にもよりますが、なんと1,000円前後なんですよ!
学生の頃は、ほとんど一幕見席で見ていました。
(学生は学生証を提示すると、一幕につきさらにチケット代が
100円引きになります!)
それに、通の人は一幕見席で同じ演目を何度も見て、
役者の芝居の
違いを楽しんでいます(ただオペラグラスは必要です!)。
 
演目によって、どのくらい前に並べばいいのか違いますが、
03-3541-3131に電話をすれば状況を教えてくれます。
 
もちろん、一幕だけではなく全ての上演を観るお客さんも長丁場を
楽しめるように、歌舞伎座にはいろいろな仕掛けがあります。
 
歌舞伎見物の楽しいところは、飲んだり、食べたりしながらみられること。

歌舞伎座には7つの飲食処(吉兆のお弁当から職人が手打ちする
お蕎麦屋さんまで、バラエティに富んでいます)があり、
幕間<まくあい>(演目と演目の間の休憩時間)に食事をとるという
江戸時代から続く習慣を経験できます。
 
縁日の屋台のようなにぎわいのあるお土産ショップもあって楽しめます。
人形焼の実演販売コーナー(おすすめは、昼の部限定10食の胡麻あん入り
人形焼)、ひとつから買える大福、縁起物の置物、人気役者の家紋と
サインがデザインされた手ぬぐい、その月の公演の舞台写真などなど、
幕間の時間では見きれないほどのグッズがあります。
(注意)一幕見席用売店はありません。、また一幕見席から他階
(1階〜3階のロビー、売店など)への入場はできません。でももしお土産を
買いたい場合は劇場正面受付に相談すると、幕間を除いて入れて
いただけますよ。

 
3)歌舞伎の言葉が難しくってわからない

この不安はイヤホンガイドで解消されます。話の筋だけでなく歴史、衣装、
所作の説明を邪魔にならない絶妙なタイミングで説明してくれますので、
ビギナーだけでなく上級者でも楽しめる内容になっています。

幕間にも色々と説明してくれるときもあるので、不思議な光景ですが
イヤホンをつけて廊下やお土産ショップを歩いているひとも
たまに見かけます。

<イヤホンガイド、歌舞伎座の場合>
貸出料650円(一幕見席は400円)。保証金1,000円。
(保証金1,000円はイヤホンガイド返却時に返金されます。)
歌舞伎座では、開場前から劇場前で貸し出しが行なわれています。
 
ロビーでは昼夜共通のそれぞれの演目の筋が書いてある筋書きが
販売されており(歌舞伎座は1,200円)、その月の役者さんたちの
写真が載っていたりしているので、観劇の記念にはなりますが、
歌舞伎ビギナーには、筋書きを読みながら歌舞伎をみるのは
大変だと思うので、まずはイヤホンガイドを聞いてみてください。
 
ちなみに、歌舞伎関連の本は沢山ありますが、歌舞伎ビギナーに
おすすめの本を1冊あげるとするならば、最近出版された
「あらすじで読む 名作歌舞伎50」です。

数ある歌舞伎の名作、傑作の演目から上演回数の多いもの50を
紹介しています。代表的な演目のあらすじ、みどころ、役者
(歌舞伎の醍醐味は役者を味わうことですから)、季節、
隠れた物語が、綺麗な写真(現役の役者ばかり)とともに
わかりやすく紹介されている、歌舞伎ビギナーには最適な本です。

初観劇のための屋号(中村屋、高麗屋など)、家計図、歌舞伎用語、
劇場ガイドも充実しています。
 
理屈はともかく、歌舞伎座の重厚な正面玄関に一歩足を踏み入れれば、
江戸の活気を今に伝えるきらびやかな非日常空間が目の前に
広がります。
 
歌舞伎鑑賞と堅苦しく考えずに、お江戸のワンダーランドを
体験してみませんか?
 
最後に雑学ひとつ、故・いかりや長介さんは、歌舞伎座に通い
歌舞伎を徹底的に研究したと言われています。廻り舞台、
笑いがあったり、女装あり、音楽があったりのエンターテイメント。
「8時だヨ!全員集合」の基礎は実は歌舞伎にあったのです!
 
今度は一見敷居が高そうな「歌舞伎会」(歌舞伎を楽しく親しんで
もらえるように設けられた会)もご紹介しますね。
 

  
Posted by infocierge at 00:03Comments(8)TrackBack(1)

March 28, 2005

中村勘三郎襲名披露に行きました

kankuro
人気ブログランキング参加中 !

 
おととい十八代目中村勘三郎襲名披露 
三月大歌舞伎、昼の部に行ってきました。

立役、女方、若衆から敵役までもこなし、時代物にも
世話物にも優れた昭和の名優、十七代目勘三郎。

そんな父の薫陶を受け、3歳で初舞台を踏んだ
五代目勘九朗も、これまでまさに幅広い活動を展開
してきました。

従来の常識を覆した、一般劇場(渋谷シアターコクーン)での
「コクーン歌舞伎」、
浅草・隅田公園内に仮設劇場「平成中村座」の
立ち上げ、さらに昨年、
ニューヨークタイムズで大絶賛を受けた
「平成中村座ニューヨーク」で上演した「夏祭浪花鑑」。

これらの活動は、決して奇をてらっているのではなく、あくまで歌舞伎の
可能性を追求し、走り続けた試行錯誤の賜物で、結果それが面白い
芝居になり、結実しているのだからすごいです。

新・勘三郎さんが目指すのは純粋に面白い歌舞伎、これから先の人にも
ずっと歌舞伎を見続けてもらって、歌舞伎を愛してもらいたいために
試行錯誤を繰り返しています。

そんな彼の覚悟を賭した襲名披露だからこれは期待せずにはいられません
でした。

義父の人間国宝中村芝翫さん、長男の勘太郎さんを含め、各屋号を
代表する俳優19人がズラリと並んだ姿は壮観でした。

中村屋一門の色である猿若柿色と呼ばれる薄黄色の裃(かみしも)姿で
威儀を正した新・勘三郎さんは、「私は今年で50歳ですが、歌舞伎の道
ではまだまだ若い。きょうから端から勉強し直して、一歩一歩芸道を
精進していく次第でございます。どうかお見捨てなきようご贔屓、
お引き立てのほど何とぞよろしくお願い申しあげます」
といつもの新・勘三郎さんとちがって、緊張に声を震わせていました。

今の気持ちを素直に表現したシンプルな言葉だっただけに客席には彼の
固い決意がひしひしと伝わってきました。

さらに、他の俳優たちが先代との思い出や、古典と新作の両面で活躍する
新・勘三郎さんへの期待を語り、隣に座った勘太郎さんも「父の襲名の席に
列座させていただくなんて、こんなにうれしく幸せなことはございません」と
瞳を潤ませていました。

勘三郎の義弟、中村福助さんは「またお相手に選んでくださいね」と
笑いを誘ったり、片岡仁左衛門さんも「勘三郎さんはもちろん、七之助も
いいやつなので、ご一門が栄えますようご支援ください」と呼びかけて
いました。

松本幸四郎さんのお祝いの挨拶「きっと十七代目のおじさんは、
客席のどこかで“哲明、よくここまで来たな、しかし、これからだぞ、
大きな虹を
かけるんだぞ”と、見守ってくれているはず」は客席に
涙をさそっていました。

口上のあとの演目は、「一條大蔵譚」、NHKの義経をご覧になっている人
は、
蛭子さんが演じている公家さんの役を新・勘三郎さんが演じます。

一條大蔵卿は
公家の凛々しさと、世をはばかって阿呆のふりをしている
という難役。
あえて難しい演目を選んだ新・勘三郎さんの気概を感じました。
 
新・勘三郎さんの大蔵卿は、前半のつくり阿呆の場面では愛嬌を前面に
出しているにもかかわらず、公家の気品と柔らか味をそこなわない見事な
演技!
後半のつくり阿呆から公卿にもどるときの落差の演技も本当に
素晴らしかった!

十八代中村勘三郎さんがこれから何を演じてくれるのか本当に楽しみです。

今回の襲名披露興行は、3月3日から始まり3ケ月続きます。歌舞伎に
行かれたことのない人は、是非新・勘三郎さんの歌舞伎をご覧に
なられることを
おすすめします!

次回は、歌舞伎鑑賞の敷居が低くなるおすすめ情報をご紹介しますね!

そういえば、近くに糸井重里・樋口可南子夫妻が観劇していました、
新・勘三郎さんのNYをバックにしたポスター(昨年7月、平成中村座公演で
渡米した時に、ハドソン河に船を浮かべて、ブルックリン橋を背景に
篠山紀信氏さんが撮影したそうです。世界を股にかける新・勘三郎に
ふさわしい1枚ですね!)のコピー“新しい勘三郎”(このコピーは
糸井重里さんだから許されるコピーですね)は、糸井さんでしたね。
 
 
最新ブログランキングはこちら!
  
Posted by infocierge at 00:02Comments(19)TrackBack(15)