September 05, 2005

☆☆2ツ星イタリアンで料理を学ぶ幸せ

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで人気ブログランキング上位です

                                Sadler                   
                                                 
六本木ヒルズの伝統的な北イタリア料理をベースとしたヌオーヴァ・クッチーナスタイルイタリアンレストランのサドレルレスタジ(ミラノ店は1991年にミシュランの1つ星、2003年には2つ星を獲得)で9月12日より、エグゼクティブシェフのアンドレア・トランケーロ氏が月1回の「クッキングクラス」を開催致します。

毎回異なったテーマでイタリア本店のメニューからイメージした料理をレクチャーするものだそうです。

平日のお昼なので、働いていらっしゃる方は難しいかもしれませんが、ご都合がつく方は早めに申し込まれてくださいね!
(9月分はすでにキャンセル待ちです。10月でしたら今のところ予約が出来ます)


(以下はサドレルレスタジのサイトから)

クッキングクラス2005年

10:30〜12:00 料理教室
12:00〜食事スタート
1人 6000円 1ドリンク付き

9月12日 『3種のオリーブオイルのデグスタシオン』
・ 季節野菜のピンツィモニオ
・ シチリア風スパゲッティー “セナトーレカッペリ”
・ 的鯛のソテー トスカーナ風パンツァネッラと共に
・ プラムケーキ ヨーグルトのジェラート添え

10月3日 『秋の味覚メニュー キノコを使ったコース』

11月7日 『ノヴェッロ(新酒)と それと共に味わうコース』

12月5日 『イタリアのクリスマスコース』

*尚、料理内容は仕入れの状況により若干異なる場合がございます

この記事がお役に立ちましたら
人気ブログランキングにクリック
お願い致します!

  

Posted by infocierge at 07:07Comments(3)TrackBack(1)

August 29, 2005

金賞受賞!9月22日にワインメーカーズディナー

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで人気ブログランキング上位です

Mercian去る8月20日(土)、国産ワインコンクールの授賞式が山梨県で行われました。
今年は446点のワインがエントリーし、13のワインが金賞を受賞したそうです。その中でシャトー・メルシャン
の以下の4つのワインが金賞を受賞しました。

シャトー・メルシャン 長野メルロー99 アメリカンオークマチュアード』(オープン価格)
シャトー・メルシャン 桔梗ケ原メルロー 
01』(10,000円)※2005年10月発売予定
シャトー・メルシャン 長野メルロー
01』(3,000円) 
シャトー・メルシャン 北信シャルドネ
04』(6,000円)※2005年10月発売予定

それを記念して聖路加ガーデンの最上階のフレンチレストラン「レストランルーク」でシャトー・メルシャンのワインメーカーズディナーが以下のように開催されます。

(以下レストランルークのサイトから)

日時 : 9月22日(木) 18:00〜
会場 : レストランルーク
住所 : 東京都中央区明石町8-1 聖路加ガーデン47F
      TEL:03-3248-0211
料金 : 12,000円 (フルコース料理 ワイン5種 別途サービス料)
定員 : 限定60名様  (事前に電話にてお申し込み下さい。)

◆ご予約はレストランルーク(03-3248-0211)まで
 お願いします。 

第3回「国産ワインコンクール」で金賞を受賞したシャトー・メルシャン桔梗ヶ原メルローを始め、 シャトー・メルシャン甲州、シャトー・メルシャン長野シャルドネシャトー・メルシャン甲州 鳥居平をシャトー・メルシャンの伝導師、シニアワインメーカー 藤野勝久さんによる日本ワインに対する愛情に溢れた熱いトークを伺いながら味わえるチャンスです。

お料理は、和の食材をふんだんにとり入れた音羽和紀シェフ(以前ご紹介した音羽シェフ"なんでもオードブル”はおすすめですよ!)と飯田シェフのフレンチとのコラボレーションです。

ご興味がある方は是非どうぞ!

 

この記事がお役に立ちましたら
人気ブログランキングにクリック
お願い致します!

 


  
Posted by infocierge at 07:25Comments(1)TrackBack(0)

August 28, 2005

初秋に希少限定ワインを楽しみに甲州へ

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで人気ブログランキング上位です
 
甲州ワイン
11月1日に山梨県勝沼町は塩山市と大和村と合併し、“山梨県甲州市”になることをご存知ですか?
 
甲州市の誕生を記念し、勝沼ワイナリーを持っているメルシャンが、今世界的にポテンシャルを注目され始めた日本だけで造れる“甲州”(以前の記事でも甲州光2000紹介させていただきました)の葡萄で造られたワインを中心にしたワインテイスティングセミナーを開催します。
 
話題の甲州ワインに深く触れる機会です。
 
ご興味のある方は、是非どうぞ!
 
(以下メルシャンのサイトから)
 
テイスティングセミナーでは、希少限定ワインも登場します!
●第1部「甲州のワイン造りの変遷」
 シャトー・メルシャン 甲州シュール・リー 2004
   〃       甲州小樽仕込み 2004
   〃       グリ・ド・グリ 2004
 発酵を終えたばかりの「甲州きいろ香 2005」の原酒
●第2部「プライベート・リザーブ・テイスティング」
 シャトー・メルシャン 北信シャルドネ 2004
   〃       桔梗ヶ原メルロー 2001 Signature
   〃       城の平カベルネ・ソーヴィニヨン 2001

◆開催日&場所:
 10月8日(土)、9日(日) 
 メルシャン ワイン資料館(山梨県勝沼町)

◆価格:
 バス利用の場合 10,000円
 現地集合の場合  8,000円

◆定員: 先着50名様

◆応募方法:
下記事務局にお電話で、住所、氏名、年齢、
 電話番号、メールアドレス、職業、バス利用の有無を
 お伝えください。事務局より詳細をご連絡いたします。
 ※ 20歳未満の方はご応募いただけません。

 シャトー・メルシャン「東漸」事務局
 03-3348-8687
 受付時間:平日10:00〜12:00/13:00〜17:00(土・日・祝は除く)

この記事がお役に立ちましたら
人気ブログランキングにクリック
お願い致します!

 



  
Posted by infocierge at 09:00Comments(8)TrackBack(0)

June 14, 2005

6月16日は♪♪♪の日!

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで人気ブログランキング上位です

麦とろの日

6月16日は何の日がご存知ですか?

麦とろの日だそうです(笑)。

山芋は“山のうなぎ”と呼ばれるほど精がつくと言われています。あのヌルヌルしているムチンという成分と、でんぷん消化酵素のジアスターゼがタンパク質やビタミンB1等の栄養吸収率を高め、また、胃腸の消化吸収を助ける効果があるからだそうです。

また大麦には、発汗で失われがちなビタミンB類とミネラルが豊富に含まれていますし、お米と比べてカルシウムは4倍、鉄分は2倍、食物繊維は10倍だそうです。

麦とろごはんとして食べると、大麦に含まれるこれらの成分をとろろが体内に効率的に吸収させるそうです。

韓国旅行が当たる抽選会や以下の様に六本木ヒルズでイベントがあります。
(個人的には、「枝元なほみさんの創作麦とろ試食会」が楽しみです。美味しいレシピであるのは必至!)

今年の夏は、麦とろごはんで夏バテ知らずになりませんか?

詳細はオフィシャルサイトでどうぞ!

<六本木ヒルズのイベント>(HPから)
2005年6月16日(木)「麦とろの日」、六本木ヒルズテレビ朝日内イベントスペース「umu」(屋内)にて当日イベントを以下の内容で開催。

●麦とろごはん無料配布
特製「麦とろごはん」のご試食と『麦』のサンプリングの実施。

●当日イベント「枝元なほみさんの創作麦とろ試食会」
麦ごはんの美味しい炊き方、麦とろに合うトッピングなどを紹介。

●「麦とろごはん」パネル展
麦とろごはんの栄養的な特長、レシピなどを展示。

★当日、イベントに来場していただいた方の中から1組2名様に、『韓国の麦ごはん「ポリパブ」を訪ねる旅行』を贈呈。スピード抽選で、当日、枝元なほみ先生に当選者を決めていただき、その場で発表します。

 

最新ブログランキングはこちらから!

  
Posted by infocierge at 07:07Comments(9)TrackBack(0)

May 26, 2005

6月2日は心浮き立つ「アペリティフの日」!

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで現在1位です

aperitif

 「アペリティフの日」があるってご存知ですか?

アペリティフとは、ご存知のように食事の前に楽しむスパークリングワイン、カクテルなどのアルコール飲料やソフトドリンク、そしてアミューズ・ブーシュ(おつまみ)のことですね。

昨年フランス農務省が、“アペリティフをゆったり楽しむ”というフランスのライフスタイルに欠かせない習慣を世界中に定着させることを目的に6月の第1木曜日を「アペリティフの日」に定めました。

2年目になる今年は世界21カ国29都市でさまざまなイベントが行われます。

東京では、六本木ヒルズアリ−ナで日本の代表的なシェフ(オークラ、帝国など都内の8つのトップホテルの総料理長、石鍋裕、小山裕久氏らの有名料理人)による料理と有名ソムリエによるドリンクのサ−ビスを楽しめるイベントが行われます。

開催日 : 2005年6月2日(木)
開催時間:  第一部:午後1時から午後4時(チケット交換:正午〜午後3時半)
第二部:午後5時から午後8時半(チケット交換:午後4時〜午後8時)
開催場所 : 六本木ヒルズアリ−ナ・テレビ朝日UMU
想定来場者数 : 3000人以上
チケット料金: 第一部:3,000円(前売り2,800円)
第二部:3,500円(前売り3,300円)

チケットは食べ物・飲料の引換えクーポンと当日交換いたします。 
主催:フランス食品振興会  共催:テレビ朝日

詳細はこちらから!

青山の骨董通りでも、ブティック10店がお店のイメージにあわせたアペリティフをサービスするイベント京都の日仏会館横浜でも同時にイベントが開催されます。

バカンス間近な6月に“ハッピー・アペリティフ”いかがですか?
 

最新ブログランキングはこちらから!

  
Posted by infocierge at 08:07Comments(4)TrackBack(1)

May 14, 2005

出版記念!六本木で音羽シェフの「特別賞味会」

いつも応援クリック有難うございます!
おかげさまで現在1位です

音羽シェフ

以前ご紹介しました、音羽和紀シェフの「なんでもオードブル」出版記念イベントとして、特別賞味会が開催されます。

書籍のなかで紹介している旬の食材をつかったオードブルメニューに、アレンジを加えたものが提供されるそうです。色の美しさ、形や盛りつけの面白さ、意外なテクスチャーなど、身近な素材で簡単につくれる料理で、素材のもつ旨みの引き出し方を提案したい、とのコンセプトだそう。

音羽シェフは、日本人ではじめてフランス料理界の巨匠と名高いアラン・シャペル氏に師事。帰国後、宇都宮に「オーベルジュ」を開店。最近は「食育」にも力を入れ、母と子の料理教室や、高校での料理教室なども開催されています。

音羽シェフが料理プロデュースをつとめた、東京・六本木一丁目にあるフレンチレストラン「ケセラ」では、素材を生かした料理をアラカルトとコースで楽しめます。

オードブルならではの魅力を存分に楽しめるイベントだと思います!
興味のある方はいかがですか?

【特別賞味会】
日時:5月26日 18:00〜
場所:レストラン・バー ケセラ
    東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンテラス3階
電話:03-3560-5013
料金:8400円(サービス料・飲み物別)
定員:40名(要予約) 

<料理内容−予定>
空豆のグラスオレンジ風味
トマトと貝のファルシ
かつおのグレープフルーツ風味
北海道ホワイトアスパラのポシェ
セロリとフロマージュブラン
山菜のフラン  など

最新ブログランキングはこちらから!

 




 

  
Posted by infocierge at 00:02Comments(6)TrackBack(0)

May 11, 2005

地ビールまつり2005開催!(6月18日)

いつも応援クリック有難うございます!
おかげさまで現在1位です
           

地ビール

JBA全国地ビール醸造者協議会は、「ニッポン地ビールまつり」を6月18日に開催します。

地ビールメーカー約60社が全国から集まり、ブースを開設して、各社のビールを飲み比べることができるそうです。

会場は、東京プリンスホテル ガーデンアイランド(東京都港区)。第一部が11時から15時、第二部が16時30分から20時30分。入場料は、事前申し込みなら3000円、当日が3500円。事前申し込みはこちらで出来ます。

ビール好きの方はいますぐお申し込みください!!

「ニッポン地ビールまつり2005」事前申込受付開始!!
全国地ビール醸造者協議会のHPから)
〜全国の地ビール大集合〜


お待たせいたしました!

日本唯一の地ビール会社の全国組織である「JBA全国地ビール醸造者協議会」が主催する、全国の地ビールを一堂に集めたイベント「ニッポン地ビールまつり2005」の事前申込受付を開始致します。

ひとりでも多くの皆様に参加していただき、地ビールの魅力に触れてもらうために今回は2部制と致しました。

「休日の昼間に地ビールを楽しみたい!」という皆様はもちろん、「昼間は予定があってどうしても夕方からしか参加出来ないのだけれども、たくさんの地ビールを楽しみたい!」という皆様にも多くの種類の地ビールをお楽しみいただく事が出来ます。

今年もブルワー(醸造者)自ら皆様にビール(もちろん樽生サーバー中心です!)を提供させていただきますので、地ビールについて普段疑問に思っていることなども質問出来ます。お気に入りの地ビールを見つけてみては…?

来場者の方には、最新版『全国地ビールマップ』をプレゼント。また、会場内で、各メーカーのビールやグッズを販売します。

皆様お誘いの上ぜひご来場いただければ幸いです。

今年も皆様とお会いできることを楽しみにお待ちしております。

日 時
6月18日(土) 
第一部 11:00〜15:00--オーダーストップ14:30
第二部 16:30〜20:30--オーダーストップ20:00

(注)
各回終了30分前オーダーストップ
第一部と第二部は、入れ替え制です。定員になり次第締め切ります。

場 所
東京プリンスホテル  ガーデンアイランド

(JR線・東京モノレール浜松町駅から徒歩10分
都営地下鉄三田線御成門駅から徒歩1分)

東京都港区芝公園3-3-1
TEL.(03)3432-1111 (地図)

入場料(軽食付飲み放題)
事前申込は、6月3日締切

下記の3種類があります。

(1)事前申込(1部または2部) 3,000円

(2)事前申込(1部と2部の通し券) 5,000円
※第一部と第二部は入れ替え制のため、通し券をご購入の方も、第一部終了時に一旦、退場していただきますことを、ご了承ください。

(3)当日申込 3,500円

最新ブログランキングはこちらから!

 

  
Posted by infocierge at 08:00Comments(6)TrackBack(0)

April 27, 2005

セレブなアフタヌーンティー「花の女神の食卓」

いつも応援クリック有難うございます!
おかげさまで現在2位です

ChristianTortu

テルニューオータニの「トゥールダルジャン東京」で期間限定花の女神の食卓が開催されます。

パリコレの会場やカンヌ映画祭のメイン会場の装飾など、世界的舞台で活躍するパリNO1のフラワーアーティストのクリスチャン・トルチュや都内の有名な3つのフラワーブティックが、"花の女神達がまるで舞い降りて楽しんでいる食卓"というコンセプトで華やかに食卓を演出してくれます。

 

フランス、ロワール地方の陶器メーカージアン社などの食器も花の女神の空間を演出するそうですよ。

新しいエグゼクティブシェフ ファブリス・デュモンシェル花の女神たちに捧げるというコンセプトの新作料理も楽しみです。

 

トゥールダルジャン東京は通常はディナーだけですが、この期間だけランチ、アフタヌーンティもいただけます。

花に囲まれたセレブな昼下がりのひとときを過ごしてみては?

 

花の女神の食卓、ホテルニューオータニのHPから>

期間:(ランチ・ディナー共に)4月29日(金)〜5月15日(日)

ランチ: 12:00noon〜(Last in 1:00p.m.)

■お飲物別 1名さま \ 15,750(税抜\ 15,000)*サービス料別

■お飲物共 1名さま \ 20,000(税金・サービス料共)

ディナー:5:30p.m.〜(Last in 8:00p.m.)

■お飲物共 1名さま \ 25,000(税金・サービス料共)

 

アフタヌーンティー:1名さま \ 3,675(税抜\ 3,500)*サービス料別

(デザート・小菓子・紅茶またはコーヒー。

また、アラカルトでサンドウィッチのご用意もございます。)

 

 

 

 

  
Posted by infocierge at 07:02Comments(5)TrackBack(0)

February 24, 2005

春の日本酒の新酒試飲会のお知らせ!(栃木県酒造組合)

♪人気ブログランキング♪

 

ご存知の通り、昨今の日本酒は焼酎に押され気味なため、各地で日本酒復活に向けた取り組みが進んでいる様です。

 

最近は、試飲会や商談会を例年になく早い時期に開催する蔵元や酒造組合が増えており、日本酒復活への意気込みが感じられます。口火を切って1月26日に行われた「美酒王国秋田 新春きき酒会」には、県内27の酒造会社が新酒や戦略商品などを出品し、首都圏の飲食店経営者や卸・小売店の担当者約400人を集めたそうです。また2月19日に開催された埼玉県の全蔵元が一堂に会した埼玉全36蔵大試飲会も大盛況のうち終わったそうです。

 

上記のイベントは、いずれも酒販店・飲食店対象のものでしたが、以下にご紹介する4月20日(水)の栃木県酒造組合が開催するイベントの2部(18:30〜20:30)は一般客対象ですので、平日のため時間的に厳しいとは思いますが、ご興味がおありの方は足を運ばれてはいかがですか?

 

イベント名:新世代栃木の酒第3章〜新酒発表〜

日時:2005年4月20日(水)

<1部>14:00〜17:00、酒販店・飲食店対象の試飲会(参加費無料)

<2部>18:30〜20:30、一般客対象のパーティー。
会費3000円(事前チケット制)、
食事は郷土料理を含む軽食で、
益子焼ぐいのみを当日使用後、お土産として持ち帰り可能。

場所:北とぴあ13F・飛鳥ホール 北区王子1-11-1
(JR王子駅北口徒歩2分)

出品蔵:22蔵

蔵元代表銘柄:菊・大英勇・澤姫・四季桜・若盛・鳳凰美田・北冠、清開・日光誉・柏盛・杉並木・開華・愛乃澤・桜川、燦爛・惣誉・忠愛・富美川・松の寿・仙禽・東力士・とちあかね・天鷹・旭興・大那

問い合わせ先:栃木県酒造組合 TEL: 028−622−5071

 

これを機会に、日本酒を少し勉強してみようかなと思われた方は

「知識ゼロからの日本酒入門 」(尾瀬あきら著)はいかがですか?

「夏子の酒」の著者が日本酒についての疑問を誰にでもわかる様に漫画とエッセイで答えてくれる楽しい本です。日本酒の入門はクリアーされていると思われる方は、同じ著者の第2弾「さらに極める日本酒味わい入門」(尾瀬あきら著)をおすすめします!

 

「知識ゼロからの日本酒入門」

<目次>

序 だまされたと思って日本酒

1章 燗酒に親しもう!―あたためてこそ酒の旨みがみえてくる

2章 さりげなく純米酒―日本酒の種類を知っておしゃれに楽しむ

3章 心も醸す酒造り―造りを知れば旨さ倍増!

4章 出会いの数だけ旨さあり―選ぶポイントを知っていろんなタイプを試してみよう

5章 ぶらり蔵紀行―いい風土にいい酒蔵あり。いい酒蔵に銘酒あり

 

「さらに極める日本酒味わい入門」  

<目次>

- 温めてうれしい、冷やして楽しい―日本酒の味わい

  (51%が燗酒を楽しんでいるなんて!指でもいいけど燗どころ ほか)

-  蔵の数だけドラマがある―蔵元アンケートが語る日本酒の今

   (蔵の物語跡を継ぐことの困難さ ほか)

- 肴があるなら飲もう!―純米酒がおいしい時代の食べて飲む極意

   (酒は肴と合わせて初めてカタチになる)

- 魚が好きなら日本酒はもっとおいしいその理由 ほか

- 人に学ぶ日本酒入門―酒縁が広がる実践編(贈り物の心得
  (贈答の起源を知ろう・
  相手の好みを探って選ぼう・
  銘柄と価格だけで選ぶリスク・風呂敷包みをマスターしよう)

-       日本酒は週に7回飲める酒 ほか

 

最近の私のお気に入りは、山口県の蔵元の「獺祭(だっさい)磨き三割九分」という日本酒です。

お米(山田錦)を磨いて39%(磨き三割九分)の大きさにしてから仕込んだ純米大吟醸です。メロンのような爽やかな香りと、軽快ですっきりした味で、心地よい甘味がキレイに消えていく綺麗な味のお酒です。フィネスがあります!

 

 

  
Posted by infocierge at 06:56Comments(1)TrackBack(1)

January 30, 2005

ボルドーワイン三昧セミナー(2月6日)のお知らせ

 
エノテカホテル インターコンチネンタル東京ベイの一日限りの
セミナーWINE DAY 2005リリースされたばかりの
2002ヴィンテージを5種類試飲出来るセミナーなど、
大変魅力的です。
同時にエノテカのワインショップも臨時オープンするそうです。
ワイン初心者は自分の好きなボルドーの地区を見つけるチャンス、
ワイン上級者には一足先に2002ヴィンテージを試飲する喜びが
ありますね。
 
 
  
Posted by infocierge at 13:29Comments(0)TrackBack(0)