November 08, 2005

華やかにシャンパーニュな夜「ランス YANAGIDATE」

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで人気ブログランキング上位です

Reims

毎年涼しい季節になると訪れる、青山のレストラン 「ランス YANAGIDATE」に、今年も行ってきました。

店名の“ランス”はシャンパーニュ地方の中心地で柳舘シェフが修行をした3つ星シャトーレストラン“ボワイエ”のある村の名前です。シャンパーニュリストには40種類以上のシャンパーニュがあり、お料理とシャンパーニュの組み合わせを楽しめるレストランです。
 
場所は表参道の駅からすぐ。以前紀伊国屋があった場所の近く、青山通りからちょっと道に入った突き当たりです。

店内は暗めの照明で、フレンチの高級感が漂う内装。ソムリエさんは一見声を掛けにくい雰囲気ですが、質問をすれば的確に丁寧に説明していただけますし、つかず離れずの距離感が、慣れると心地よく感じられます。

お料理は、7,000円、9,000円、12,500円の3コース。プリフィクスで、メニューから好きなものを選ぶ仕組みです。印象に残った料理は、まずはこのお店の定番、シャンパーニュに合うシェフのスペシャリテ“温泉卵とオマール海老、ほたて貝、ウニ、キャビアのコンソメゼリー”(このお料理は必ずオーダーします。シャンパーニュにすごく合います)

“とこぶしのソテー”(とこぶしの貝殻にリゾットが入っていてその上にとこぶしがのっている)、“牛フィレ肉のポワレ フォアグラ添え トリュフソース”も、素材の味を活かしながら、かつ手間をかけた美味しさを楽しめます。

そして今回初挑戦の“エイ”のお料理“北海道エイのポワレ”!ソースはエシャロットのみじん切り、アンチョビ、ケッパーが入った焦がしバターソース。意外だったのですが、フランスではエイは普通に食べられているそうです。お味は思ったより普通の白身のお魚で、軟骨がコリコリした歯ごたえがあって食感が楽しめました。
全体的に素材の個性を生かしながら、かつ重厚感のあるお料理が多いです。

シャンパーニュは、シャルドネとピノ・グリージョで作ったちょっと軽めのものから、ピノ・ノワールのみで作ったボディのしっかりとしたものまで、ソムリエさんにお勧めしてもらったハーフボトルを3本(ジャック・セロス ブラン・ド・ブラン・ブリュットエグリ・ウーリエ ブリュット グランクリュ アンボネイアルフレッド・グラシアン ブリュット)頂きました。ハーフボトルの種類が充実しているので、色々な種類を頂けるのが嬉しいです。

チーズの盛り合わせ(ロックフォール、カマンベール・カレヴァドス、ハードシェーブルチーズ、モンドール)は、熟した食べごろのモンドール(まさに食べごろでした!)を、多めに盛って下さりましたし、デザートのキャラメルつくしの一皿(タルトタタン、クレームキャラメル、キャラメルのアイスクリーム、クリームブリュレ)も美味しかったです。

正統派のフレンチの高級感あふれる硬めの雰囲気のお店ですが、美味しいお料理とシャンパーニュを楽しんでいると、次第にリラックスできますし、トータルの満足度は高いです。やはり人気があるようで、決して安くはないお値段のこのお店ですが、席は殆ど埋まっていました。

皆さんも、シャンパーニュのお料理とシャンパーニュを頂きながら、優雅で華やかな時間を過ごしてみませんか?

 

この記事がお役に立ちましたら
人気ブログランキングにクリック
お願い致します
 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/infocierge/50181800
この記事へのトラックバック
TOKYO CAPITAL CLUBに行ってきました。 ここは、入会金¥1,800,000、月会費¥20,000の、 メンバーが相互に私的な交流を深める場。 って言っても、所謂ハプバーではありません。 集うは、各界のエグゼクティブや専門家、リーダーの方々。 選ばれし者が、ビジネスや社交...
24:古いキズ【ボツちゃんスタジアム】at December 17, 2005 22:53