July 27, 2005

透明で明るい光が降り注ぐ至福の町ニースを歩く(南仏紀行◆

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで人気ブログランキング上位です

matisse

南フランスに行き慣れている友人からはニースは大都市だから他の町にした方がいいといわれていたのですが、やはり高級リゾート地として世界に名だたるニースは一度行ってみたかったし、なんといってもマチスとシャガールの美術館は外せないと思い、ニースに滞在することにしました。
 
確かに友人が言っていた通り、紺碧の海と空は綺麗でしたが、ニースは大都会で、有名なレストランやカジノが立ち並ぶ爽やかな潮風が吹きぬける海沿いの遊歩道プロムナード・デサングレ(イギリス人の散歩道)は思ったより華やかなものに感じませんでした(近代的なビルが立ち並んでいるので、マチスや多くの画家たちが愛したフレンチ・リヴィエラの女王の面影はニースの中心部には見当たらない印象でした)。
 
ですが、ビーチのブルーと白のパラソルやデッキチェア、オレンジの屋根、ピンク色のネグレスコホテル
、などリゾート地とは思えない上品な色合いは素敵で、セレブに愛されているニースに来たことを感じました。
 
ニースでの私のハイライトは、シャガール美術館
マチス美術館です。
街中からマチス美術館まで30分以上かかるので、ガイドブックではバスかタクシーをすすめていますが、私は徒歩をおすすめします。道順も難しくないですし、シャガール美術館からマチス美術館へはほとんどまっすぐ行けば着きます。
 
何故歩くのがお薦めかといいますと、シャガール美術館からマチス美術館にいくBoulevard de Cimiezという道沿いに豪華なセレブの別荘が立ち並んでいるのです。日本とはスケールのまったく違う別荘を見ながら、シャガールやマチスが歩いたであろうこの道を、彼らが愛した南仏の降り注ぐ陽光を浴びながら、目に染みる木々の緑を楽しみながら散策するのは感動的です。
 
歩いていると東京では想像も出来ない自然な色彩が飛び込んできます。多くの画家たちはこの豊かな自然の色彩を興奮を味わいながらあのような色彩豊かな絵を描いていったのでしょうね。ベンチも頻繁においてありますので、是非歩いてみて下さいね。(夏はお水と帽子はお忘れなく!)
 
シャガール美術館で一番感動したのは、最初に展示されている旧約聖書の最初の2つの書「創世記」と「出エジプト記」を描いた12枚の大形の絵です。ユダヤ人だったシャガールにとって、聖書は大切なテーマだったようです。聖書の中にこそ人生の意味や安らぎがあると感じ、多くのインスピレーションを得たというのは有名な話です。
 
これらの絵はシャガール自らの手によって壁に掛けられたそうです。聖書の物語の順番よりも、隣り合う絵の色の関係を重んじて配置を決めたというのは、シャガールらしいですね。
 
水のある展示室でその水の光を反射しているシャガールのモザイク“火の車に乗った預言者エリヤ”や音楽室のステンドグラスも圧巻でした。季節の花が咲き乱れているカフェテラスでレモネードを飲んでから、マチス美術館へ向かいます。
 
マチス美術館の外観は写真のように赤壁に書かれただまし絵で装飾された美しい17世紀イタリアジェノア風の館です。マチスのニース時代の作品を中心に初期から晩年までの作品が集まっていて、彼が片時も手放さなかった愛用の作品や大理石のテーブルや安楽椅子所有物展示されていて、見ごたえのあるものでした。
 
晩年ニースで製作されたという陶器は、マチスが理想としていた「ピュアでのんびりしていてバランスのとれたアート」そのものでした。どれも色彩の表情が豊かで、おじいさんになっても遊び心を忘れなかったマチスを改めて感じました。
 
絵の前に置いてあるマチスの絵のなかに出てきそうな肘掛いすに座ってマチスの絵を見ていると、初めてニースに来たのだと実感しました。
 
今回は時間の関係上行けませんでしたが、次回は是非ヴァンスにある「みんなが幸せになってほしい」という思いから作られたマチスの礼拝堂に行きたいです。

 

この記事が素敵と思って下さいましたら
人気ブログランキングにクリック
お願い致します



この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
イタリアはミラノから南仏までたった4時間程度だって知っていました?よき友人のおかげで、今回の欲張りなイタリア美味しいもの旅行は、なんと南フランスのモナコ、カンヌ、ニースまで足を伸ばすことになりました!!南仏へはミラノ中央駅から列車で海岸沿いを走ります。...
甘い香りで幸せな朝食を@「LePainQuotidien」【レストランをプロデュース】at October 13, 2005 16:47
この記事へのコメント
南フランスに行かれたなんていいなー。
しかも!マチスとシャガールの美術館にいかれたなんてすばらしいですね!
マチスの美術館はむかし「SPURE」の雑誌に取り上げられていて一度行ってみたいなぁ・・って憧れていたんですよ!シャガールは実は私の誕生日と一緒なのでなぜか特別扱いしてしまってるんです(笑)
マチスの礼拝堂はいずれ私も訪れてみたいなぁ〜っ@^▽^@
Posted by LUKES at July 28, 2005 15:49
LUKESさん、お久しぶりです!

LUKESさん、まだ南仏行かれたことないのですね。(意外でした)
食べ物も美味しいし(←大事ですよねー)町並みも素敵ですし、光、色彩が美しいし、人もいいし、南仏を愛した画家たちの美術館が沢山ある...etcので、LUKESさんはいっぺんに気に入るはずです。
行きたい場所が点在しているので、あと4回は行きたいです。

シャガールと同じ誕生日なんていいですね^^
Posted by インフォシェルジュ at July 29, 2005 07:02
インフォシェルジュさん、こんにちは!
TBありがとうございました。

シャガールの美術館までは、朝食のあと
エクササイズのつもりで歩いて行きましたが、
確かに少し遠かったです・・。

でも数々の素敵な絵を見てるうちに、
疲れも吹っ飛んでしまいました♪
Posted by tricia at October 13, 2005 16:51
triciaさん、こんにちは。

ご訪問有り難うございます。

本当、素敵な絵を見ていると疲れも吹っ飛びました。
Posted by インフォシェルジュ at October 14, 2005 20:13