May 01, 2005

「海を飛ぶ夢」観ました

いつも応援クリックありがとうございます!
おかげさまで現在2位です
  
         海を飛ぶ夢    

「海を飛ぶ夢」を、遅まきながら観ました。この映画は、アカデミー賞外国語映画賞、ベネチア映画祭主演男優賞・審査員特別賞・ヤングシネマ賞などを受賞しています。いくつかこの映画の評を読みましたが、総じて評価の高いものばかりでした。

 

ストーリーは、世界を旅して自由を謳歌していたが、海の事故で首から下が不随となり、26年間も寝たきりの生活を送っていたラモンは、尊厳のない生に絶望し、自ら人生に終止符を打つことを決断する。しかし自力では自殺できないため、人権団体の支援で、尊厳死を合法とすべく、弁護士のフリアの協力を仰いで、法廷で死の自由を訴えようとするが…というものです。

(以下映画の内容に触れる部分がありますのでご注意ください)

この映画は実際にあったお話をモチーフにしています。映画のラストでラモンが撮影したビデオは実際にテレビでオンエアされ、尊厳死が法律で認められていないスペイン中に大きな波紋を呼び起こしたそう。実話に基づいた、“生死の意味”を真正面から問う映画です。

この映画に対する評は、殆どが「ラモンの想いを通じて“生きる意味”と考えさせられる作品だ」というものでした。でも私には、ラモンの想いに全面的に共感はできませんでした。むしろ私には、この映画をラモンの葛藤や苦悩よりも、障害者への献身が理解されず報われない中での家族の愛と苦悩の方が、心に痛く響きました。

 

寝たきりになったことがない私にラモンの苦悩を理解できる筈はないのですが、彼の揺るがぬ死への決意に至るまでの過去からの葛藤が描かれていないため、ラモンを愛してくれる女性や家族があんなにたくさんいる中で、「自分にとって、未来は死ぬことであり、愛とは自分の意思を尊重して、死なせてくれること」と、ラモンがあくまで死以外の選択肢を選ばない、という点に、今ひとつ共感できなくて…。

もちろん、ラモンとフリアが、同じように難病に侵された境遇であると理解して、初めて心を通わせるシーンや、「早く海まで飛びたい!」という感覚が伝わってくる、ラモンの想いが窓から森を抜けて海へ飛んでいくシーン(美しすぎて、切なさが増します)からは、ラモンの抱えてきた苦悩や葛藤、夢が痛いくらいに伝わります。

 

でも、献身的に看病を続けてきた家族の愛情が胸に痛く、あれだけ受けた愛情に対して、ラモンの出した答えでは、残された家族があまりに切な過ぎる…。ラモンが26年という気の遠くなるような月日を過ごした結果として尊厳死を望むようになれたのは、26年もの月日を支えてくれた家族の愛があればこそだったのでは…。特に、ラモンが長年暮らした家から去るときの、家族たちのあの表情…!人は誰も一人きりでは生きられない、という言葉がなぜか頭に浮かびました。この映画の私のベストシーンです。

 

ちなみに、優しく深い瞳で強い印象を残したラモン役のハビエル・バルデムは、実はまだ36歳!実年齢より20歳以上も年上のラモンを、毎回5時間かけた特殊メイクをして演じきったそうです。また、監督のアレハンドロ・アメナーバルは、ペドロ・アルモドバルと同様現代スペイン映画を代表する監督(まだ32歳!)。トム・クルーズが主演でリメイクした「バニラ・スカイ」の原作「オープン・ユア・アイズ」(この映画は東京国際映画祭グランプリを受賞しています。私はバニラ・スカイは観ていませんが、この映画は劇場で観ました。傑作です。ぜひご覧になって下さい!)や二コール・キッドマン主演「アザーズ」の監督です。共に今後の活躍が期待されますね。

 

もしラモンのような境遇に陥ってしまったとしたら、また、愛する家族がラモンのような境遇に陥ってしまったとしたら、あなたならどう考えると思いますか?

 

 

 

最新ブログランキングはこちら!

 

 

 

 

 

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/infocierge/20522478
この記事へのトラックバック
人気ブログランキングで上位に! 親愛なる友人へ 今日は、一日の時間がゆっくり流れている。 ベルギーのブルージュを訪れているんだ。覚えているかな。 そう、学生時代に訪れたね。小さいがとても魅力的な街で、中世以来、時間の止まってしまった古都といった感
ある成功者からの手紙4【24歳ビジネスマンの起業→会長への軌跡(セミリタイヤ!!)】at May 01, 2005 03:58
かなりデリケートな「尊厳死」というのがテーマになっているので、 この映画は人によって見方がかなり違うんじゃないかと思います。 僕は、主人公よりもこの主人公を支え続けて来た家族たちに胸うたれる ものを感じてしまいました。静かでいい映画です。 全く予...
海を飛ぶ夢【It's a Wonderful Life】at May 01, 2005 08:05
Photo by Isasi,Teresa (c)2004 Fine Line Features. All right reserved.MAR ADENTO(THE SEA INSIDE)2004年 スペイン作品監督 アレハンドロ・アメナバール出演 ハビエル・バルデム、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャスもし自分がこういう立場だったら、どうするの
海を飛ぶ夢【或る日の出来事】at May 01, 2005 08:20
 スペイン、ラ・コルーニャの海で育ったラモン・サンペドロは19歳でノルウェー船のクルーとなり、世界中を旅して回る。だが1968年8月23日、25歳の彼は岩場から引き潮の海へダイブした際に海底で頭部を強打、首から下が完全に麻痺してしまう。  以来、家族に支えられながら
海を飛ぶ夢 (2004) MAR ADENTRO 125分【極私的映画論+α】at May 01, 2005 08:36
-----おやおや、アカデミー賞外国語映画賞 ノミネート作品というのに渋い顔してるにゃあ。 「う〜ん。実話という重みがあるから語りにくいけど...」 -----けど、なに? 「物語の性質上、仕方がないんだけど、 とにかくここには全編にわたって“死”の匂いが立ちこめている。
『海を飛ぶ夢』【ラムの大通り】at May 01, 2005 09:15
本年度、ラテン関係の下記の2本の映画がアカデミー賞を受賞をしました!! ヽい鯣瑤嵬 (原題:『Mar Adentro』・『The Sea Inside』) 先ごろ発表されたアカデミー賞で見事に外国語映画賞を受賞しました。 ベネチア映画祭でもハビエル・バルデムが主演男優賞
海を飛ぶ夢&モーターサイクルダイアリーズ【ESTOY MUY CONTENTA !★★海外2度目物語★★     (★今後2度目のアメリカ大陸再上陸★)】at May 01, 2005 10:01
大好きなアレハンドロアメナーバル監督の作品です。 「オープンユアアイズ」で衝撃を受けたあのサスペンスを作った監督、今度は一転し切なくて心苦しいヒューマンドラマを作ってくれました。その才能には驚きです。 自殺したいと切望する本人の苦しみも伝わってくる、
海を飛ぶ夢【No Cinema,No Life】at May 01, 2005 10:27
愛する人が心の底から死を望んだとき、あなたならどうしますか? Mar Adentro (The Sea Inside) 2004 監督:アレハンドロ・アメナーバル 数ヶ月前、映画の短いシノプシスを目にした時、これは絶対に観なければいけない映画だと思った。 これは
私の心にぴったりとはまる映画【nahoritaのBrooklyn★Brooklyn】at May 01, 2005 13:42
海を飛ぶ夢 という映画があるのを知っていますか? 事故により、首から下が不随になった男性が 尊厳死を望み、そしてそれが叶えられるという 事実に基づいた映画です。 何度かこのブログでも書いていますが あたしの父もこれと同じ状態でした。 考えることもしゃべ
暇だったので尊厳死について考えてみた。そして少しだけ泣いた。【心に吹く風】at May 01, 2005 14:08
 約束しよう。 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 ■監督・脚本 ハレハンドロ・アメナーバル(『アザーズ』) ■原作 ラモン・サンペドロ(「海を飛ぶ夢」) ■キャスト ハビエル・バムデル、ベレン・ルエダ、ロラ・ドゥエニャス、マベル・リベナ、セルソ
『海を飛ぶ夢』【京の昼寝〜♪】at May 01, 2005 16:40
監督 アレハンドロ・アメナバール 脚本 アレハンドロ・アメナバール 、マテオ・ヒル 音楽 アレハンドロ・アメナバール 出演 ハビエル・バルデム 、ベレン・ルエダ 、ロラ・ドゥエニャス 、クララ・セグラ 、マベル・リベラ 「愛された末の一つの選択」 隣のス
海を飛ぶ夢【水は止まったらくさる】at May 01, 2005 20:26
そして、見てまいりました。平日ですが今日は1000円の日のせいもあって、意外と人が入っていました。いい映画なので、たくさんの人に見て欲しいですね。☆海を飛ぶ夢☆(2004)アレハンドロ・アメナバール監督ハビエル・バルデム・・・・・・・ラモン・サンペドロペレン・ル...
海を飛ぶ夢・・・ハビエル・バルデム&アメナバール監督【ぷち てんてん】at May 01, 2005 20:47
実在の人物ラモン・サンペドロの手記「レターズ・フロム・ヘル」を元に、 『アザーズ』のアレハンドロ・アメナーバル監督が映画化したスペイン映画です。 全身麻痺の障害を負った主人公に、 『コラテラル (2004) 』のハビエル・バルデム。 首から下が麻痺して 30年近く寝た
制作裏話「海を飛ぶ夢」【独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板】at May 02, 2005 09:51
  テーマは、原題『the sea inside(内なる海)』からも分かるように、“イメージ”のあり方である。  「今日は海が見えなくて残念ね」「いや、目をつぶれば見えるから十分・・・」  主人公のラモンは、かつては水夫として世界中を旅して回っていたが、25
「海を飛ぶ夢 」/ヨハネの首 【マダム・クニコの映画解体新書】at May 04, 2005 18:42
ずーっと観たかった[海を飛ぶ夢-THE SEA INSIDE-(※サイトはスペイン語)]を観て来ました!!!いや〜〜、一言だと「号泣」ですよ!!!ハンドタオルは絞れそうなくらいグッチョリでした・・・最初からずーっと泣いてたんだから当然だよな・・・(涙)しかも、この話は実話をもとに作
[海を飛ぶ夢-THE SEA INSIDE-]【digit@l cowboy BLOGstyle】at May 07, 2005 15:45
ずーっと観たかった[海を飛ぶ夢-THE SEA INSIDE-(※サイトはスペイン語)]を観て来ました!!!いや〜〜、一言だと「号泣」ですよ!!!ハンドタオルは絞れそうなくらいグッチョリでした・・・最初からずーっと泣いてたんだから当然だよな・・・(涙)しかも、この話は実話をもとに作
[海を飛ぶ夢-THE SEA INSIDE-]【digit@l cowboy BLOGstyle】at May 07, 2005 15:46
海を飛ぶ夢 尊厳死という重いテーマだが、まずこの話が実在の人物ラモン・サンペドロの人生を映画化したことに驚かされる。25歳の時に引き潮の海に飛び込み、頭を強打。首から下が不随となり、ベットの上の生活を余儀なくされる。 25歳の若さで!自分だったら。。ど
『海を飛ぶ夢』 生きることは辛いことなのか!家族の姿に涙するしかない。【映画のブログBLOG@今日のいいこと。明日のいいこと。】at May 08, 2005 08:41
「海を飛ぶ夢」開映11:20@新宿武蔵野館2 「海を飛ぶ夢」 2004年 スペイン・フランス・イタリア スペイン題 MAR ADENTRO  イタリア題 MARE DENTRO  英題 THE SEA INSIDE 配給:東宝東和 監督:アレハンドロ・アメナバール 製作:エミリアーノ・オテギ
映画「海を飛ぶ夢」【こまったちゃんのきまぐれ感想記】at May 08, 2005 10:50
約束しよう。自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめる。 (日本語公式サイトよ
「海を飛ぶ夢」The sea inside【Cinema,British Actors】at May 11, 2005 14:09
■ 海を飛ぶ夢 ( THE SEA INSIDE ) 4月16日公開 ● 第77回アカデミー賞 外国語映画賞受賞 ● ゴールデン・グローブ賞 最優秀外国語映画賞 受賞 ● ベネツィア映画祭 主演男優賞 受賞 約束しよう… 自由になった魂で、きっとあなたを抱きしめ
海を飛ぶ夢【ヲイラのだいあり?】at May 12, 2005 09:58
事故で一命を取り留めたのか、自殺を邪魔されたのか。 25歳の時に事故で首から下が不随になり30年間寝たきりの男性(ラモン)が 尊厳死を選ぶまでの実話を元にしたストーリー。 ラモンの周りには素敵な人達が集まり、彼に恋愛感情を抱く女性も多い。 目を閉じれば2階
海を飛ぶ夢 ★★★★☆【みかんのかんづめ】at May 17, 2005 19:44
 尊厳死を取り扱った作品ということは事前に耳にしていましたが、これほどの直球勝負とは予想外でした。
海を飛ぶ夢【シネクリシェ】at May 18, 2005 05:36
<ストーリー>9歳でノルウェー船のクルーとなり、世界中の国々を旅してまわったラモン・サンペドロ。 だが6年後、皮肉にも同じ海で起きた事故により四肢麻痺の障害を負ってしまう。 家族に支えられベッドで寝たきりの生活を28年間続けた末、ラモンは尊厳死を決意するのだ
海を飛ぶ夢【impression】at May 25, 2005 18:11
正解はないけれど考え続けなければいけないこと。死についてきちんと考えるということはどう生きるかを考え直すことだから。それを改めて気付かせてくれる“尊厳死”の映画。これは実話に基づいた映画です。30年間の四肢麻痺生活を強いられた主人公そしてそれをとりまく家...
『海を飛ぶ夢』−生き方を考える−【MYTHOUGHTS】at May 30, 2005 22:36
28.「ぬうべる・ばあぐ。」 おいといて。 前述のフラメンコの女の人が、同じ話題の最中にこう聞いてきました。 「『オープン ユア アイズ』(1999)って観ましたか?」 記憶は跳んで、遡る事、多分、一年半位。『殺人論文』(1995)というタイトルのビデオを
ぬうべる・ばあぐ。【SIDE SWIPE(横殴り)】at June 04, 2005 18:49
'''「尊厳死」'''をテーマにしたスペイン映画'''「海を飛ぶ夢」'''、DVDで観ました。 評価自体しにくいテーマですが、、 あえて評価するなら★★★☆☆ほどになってしまいます。 私は、それがたとえ「尊厳死」という価...
海を飛ぶ夢〜死ぬ権利/生きる義務?【永遠の為に…革命詩人の手記】at December 23, 2005 22:47
この記事へのコメント
インフォシェルジュさん、こんにちは。

今日は道幸さんの「加速成功実践塾」に参加してきました。

ブログ道場講師は片桐さん、四つ柳さんが参加されてましたよ(^^)
Posted by 24歳ビジネスマン at May 01, 2005 03:57
infociergeさん
TBありがとうございます!

infociergeさんの感想も読みました。私もラモンには共感しませんが、気持ちがより周囲の人間の思いに引っ張られていったような気がします。

また何か面白い映画があったら感想を読ませて下さいね。
Posted by nahorita at May 01, 2005 13:36
nahoritaさん、

早速ご訪問&コメントありがとうございます。
家族との別れのシーンはなんともいえませんでしたね...。

よかったら、また遊びに来てくださいね!
Posted by インフォシェルジュ at May 01, 2005 23:17
知らなかった映画です。
是非みたいです。

近くにシャルウイダンスには
行きますが。
Posted by 栗原敏彰 at May 02, 2005 01:29
TB失礼致します。
オープン・ユア・アイズのことが話題に出てましたのでTBさせていただきました。
リメイクも早かったですね。
トムクルーズの宇宙戦争。
楽しみですが期待の加減が微妙ですっw。
あまり期待するとつまらないことって多くないですか。
自分だけかなっw。
Posted by OKZ at June 04, 2005 18:52
OKZさん、はじめまして!
宇宙戦争はよく知らないのですが、SFの古典中の古典らしいので、期待してしまいますね。(でも適度に期待します、笑)
Posted by インフォシェルジュ at June 04, 2005 23:01