April 16, 2005

遂に日本上陸!“ラ・フォル・ジュルネ”

人気ブログランキング参加中
おかげさまで現在6位です

LaFolleJournee

 「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」
というフランスで毎年、開かれる

クラシックの音楽祭をご存じですか?


 

「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」はフランス北西部の港町ナントで、

1995年に誕生したクラシック音楽祭で、今までのクラシック音楽の
常識を覆すユニークなコンセプトで
ヨーロッパの音楽祭の中でももっとも
エキサイティングな音楽祭と言われています。

 

演奏者は、旬の若手や超一流のアーティストです。それは、
アーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏の「一流の演奏を
低料金で提供することによって、明日のクラシック音楽を支える
新しい聴衆を開拓したい」という想いからきています。

なんと入場料は5〜22EURO(700〜3,000円)という驚きの低価格に
抑えられています。

キーワードは「一流の演奏、低価格、短い演奏時間(45分)」

 

10年目を迎えた今年は、5日間の会期で約12万人を動員したそうですよ。

そしてその6割はクラシックコンサート初体験者で、子供たちも大勢参加
したそうです。

 

2000年からリスボン(ポルトガル)、2002年からはビルバオ(スペイン)でも
開催され、
いずれも大成功を収めています。

 

その音楽祭が「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」という名前になって、

今年から日本でも開かれることになりました。

 

4月29日(金)から5月1日(日)までの9:00から23:00まで、
東京国際フォーラムにある8-10の会場で次から次へとコンサートが
開催されます。

また周辺エリア(大手町、丸の内、有楽町、日比谷、銀座)でも多彩な
連動企画があるそう
ですので、それも楽しみです。

 

今回のテーマは「ベートーベンと仲間たち」

 

1,500円という金額は、「大衆に広く根付いている映画より安くすれば、
関心を持ってくれると思ったから」(マルタン氏)だそうです。

 

公演数を多く用意しているのは、クラシックファンはもちろん、
クラシックビギナーでもクラシックの楽しさを味わってもらうための工夫です。

また、単に公演を羅列しているだけではなく以下のようなストーリー性を
もったコースも提案しています。

 

親子で楽しむ名曲めぐりコース

1日目:111(運命)→142(ピアノ協4)→134(月光)→114(ヴァイオリン協)

2日目:222(幽霊)→223(熱情)→214(田園)→215(合唱)

3日目:352(大公)→344(皇帝)→345(英雄)→326(春)

 

愛も深まる恋人たちのデート・コース

1日目:143(ピアノ協2)→124(ピアノ・ソナタ5-7)→155(チェロ・ソナタ3)→
115(田園)

2日目:221(ます)→212(ヴァイオリン協)→224(月光)→215(合唱)

3日目:342(ピアノ協4)→334(ハープ)→356(クロイツェル)→357(大公)

 

癒されたいあなたのリラックスコース

1日目:152(春)→123(大公)→154(街の歌)→115(田園)

2日目:212(ヴァイオリン協)→253(ハイドン)→224(月光)→215(合唱)

3日目:342(ピアノ協4)→343(カンタータ)→324(チェロ・ソナタ3&5)→362
(悲愴)

 

ピアノの響きに圧倒されたいコース

1日目:132(ハンマークラヴィーア)→143(ピアノ協2)→134(月光)→156
(悲愴)

2日目:241(ピアノ協1)→223(熱情)→224(月光)→256(テンペスト)

3日目:313(ピアノ協3)→344(皇帝)→346(三重協奏曲)→327
(ソナタ30-32)

 

ホンモノ志向で大曲に挑戦コース

1日目:111(運命)→132(ハンマークラヴィーア)→113(英雄)→146(皇帝)

2日目:233(弦楽四重奏14)→245(三重協奏曲)→215(合唱付き)→216
(ミサ・ソレムニス)

3日目:332(エロイカ変奏曲)→333(弦楽四重奏13)→314(田園)→327
(ソナタ30-32)

 

堅苦しくない一流のクラシック音楽祭。

ゴールデンウィークの前半はこれで楽しめそうですね!

 

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2005

 

実施日時: 2005年4月24日(日)〜 5月1日(日)9:00〜23:00

テーマ: ベートーヴェンと仲間たち

会場: 東京国際フォーラム(全館)

公演数: 有料公演 108公演(予定)

      無料公演 40公演(予定)

出演アーティスト: 約1000人(日本・アジア500人 / ヨーロッパ500人)

主催: 東京国際フォーラム

入場料金:

(有料公演) 指定及び自由席 1,500円

※公演により一部

全席 / 3,000円 もしくは、S席 / 3,000円 A席 / 2,000円

 

 

 



この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
今週のアート・ジャンル、トラステはベートーヴェン!ベートーヴェンかあ……(‥クラシックを学ぶ者にとって、ベートーヴェンは、切っても切れない「課題」なんだよな。受験の時、定期試験の時、最も課題曲になりやすいのがベートーヴェン。そうでなくとも、普段から、クラ
気軽に聞けないベートーヴェン〜『ベートーヴェン事典』【手当たり次第の本棚】at April 15, 2005 23:27
があります。 具体的なものは決まっていないのですが、ベートーベンの交響曲を一通り買いたいなと思っています。 いろいろなサイトでみてまわっているのですが、なかなか決めることができないでいます。 というのも、ベートーベンは誰しもが知る有名な作曲家なので、当...
ほしいCD【クラシカルファンサイトブログ】at April 16, 2005 01:23
この頃は前年度報告書作成のために、 職場でのパソコンの使用時間が長いので、 ブログ等の更新は最小限に控えています。   4/29〜5/1の「ラ・フォル・ジュルネ」は、 出勤に当たっているので、とても東京には行けません。 4/25頃の異動で、週休2日か、少なくと
ラ・フォル・ジュルネ【Beat!−Beet!−Beethoven!】at April 18, 2005 01:25
気が付いたらあと1週間で開幕です。熱狂の3日間「ラ・フォル・ジュルネ」。話を聞い
「ラ・フォル・ジュルネ」が間近です【山尾好奇堂】at April 24, 2005 09:35
ボロロ族にも差別はある。 僕は衝撃を受けた。 ボロロ族にも、生地での差別や 粗野...
es muss sein 運命の声 2003.5.X 初出【仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌】at May 18, 2005 22:35
 「作曲家文字絵ワークショップ」は、3つの小コーナー(顔ハメパネルとスタンプラリーと演奏家コーナー)とスタッフ用の丸テーブル(1つ)、それにワークシートで作業するための机5脚(180cm×60cm)から成っていました。丸テーブルはスタッフ用も含めて、直径1m20cm のものが3つ...
ラ・フォル・ジュルネのワークショップ【10億人が楽しめる手描き文字絵】at September 06, 2005 15:14
忘れられない弦楽四重奏団がある。 彼らの演奏は、衝撃的で、情熱的で、 若いエネルギーの塊のようだった。 2005年5月、ゴールデンウィーク。 今年初めて、日本で行われたクラシック音楽のイベントがあった。 『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン-熱狂の日・音...
忘れられないカルテット【Another site:ニャーパス】at November 11, 2005 23:10
この記事へのコメント
日本でもこういう企画があったらなあって思います。
文科省にはまったく期待できませんが……(汗)。
Posted by とら at April 15, 2005 23:26
とらさん、
コメント&TBありがとうございます。
日本で今年から開催されます。
お近くでしたら、ぜひ行かれてくださいね。
Posted by インフォシェルジュ at April 15, 2005 23:52
ブログにコメント、ありがとうございます。
”ピアノの響きに圧倒されたいコース”なんかいいですね。

Posted by Bistrot DELICIOUS みほ at April 16, 2005 00:07
はじめまして!
私のブログにTBとコメントありがとうございました。
こちらのほうでもTBさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

内容ですが、とっても素敵だと思いました!企画もよく考えられていて、親子や恋人など対象をわけているところや、値段を安くおさえて手軽に足をはこべるように配慮しているところがすばらしいですね。
三重協奏曲が、カラヤンとオイストラフとリヒテルとロストロポーヴィチの有名な演奏と同じ楽曲だとしたら、とても好きな曲なので聞いてみたいと思いました。東京は遠すぎていけませんが。。。
また足を運ばせていただきます。
Posted by マイマイ at April 16, 2005 01:31
またまた、知らない情報をありがとうございます。
クラシック音楽もいいですよね。
ちょうど今、ブラームスを聴いていたところです。
Posted by 栗原敏彰 at April 16, 2005 01:49
TBありがとうございます。こんなイベントが出来たんですね。とても興味深いです。東京は色々ありますね。今後とも宜しくお願い致します。
Posted by mampei at April 16, 2005 03:56
マイマイさん

ご丁寧なコメントありがとうございました。
クラシック詳しくていらっしゃるのですね!また参考にさせていただくため、伺います。こちらこそ、今後共よろしくお願いいたします。
Posted by インフォシェルジュ at April 16, 2005 09:25
コメント&トラバありがとうございました!
とっても魅力的な音楽会ですね♪♪
近くにいたら毎日でも行きたい・・・
けどこれって、一曲の値段ですか?それとも一日?会期中?
私は、マスが大好きなので恋人コース2日目に行きたいなぁ。
もし行かれる様でしたらレポートも楽しみにしております。
Posted by ルイボス at April 16, 2005 09:29
mampeiさん、コメントありがとうございます。
ぜひお出かけください。
こちらこそ、今後共よろしくお願いいたします。
Posted by インフォシェルジュ at April 16, 2005 17:22
みほさん、
コメントありがとうございます。
新しいお料理作りたくなったら、
また遊びにいきますね!
Posted by インフォシェルジュ at April 16, 2005 17:25
ルイボスさん、コメントありがとうございます。

曲数はコンサートの内容によって違って、例えば221番のコンサートははますとフンメルの五重奏曲です。(スケジュールがオフィシャルサイトのスケジュールのページに詳細にのっています。)

スケジュールのPDFファイルをプリントアウトして、どのコンサートに行くか今計画中です。ゴールデンウィークの一日はクラシックコンサートざんまいです。(楽しみ!)
Posted by インフォシェルジュ at April 16, 2005 18:04
みほさん、
コメントありがとうございます。
レシピに困ったら、みほさんのブログに伺いますね。
Posted by インフォシェルジュ at April 16, 2005 18:14
どうもトラバ&コメントを頂き、ありがとうございます。
私も黄金週間はコレで楽しみたいと思っています。
Posted by 「坂本くん」 at April 17, 2005 04:09
「坂本くん」さん、

コメントありがとうございます。

コンサート自体よりも、音楽祭の雰囲気をエンジョイしたいです。楽しみです。

Posted by インフォシェルジュ at April 17, 2005 09:31
こんにちは、インフォシェルジェさん。
お返事が遅くなってすみません。
素敵な情報を提供してくださって(コメントとトラックバック)ありがとうございます。
天気が良ければ、家内と二人で久しぶりにコンサートって、考えてます。
これからもよろしくお願いしますね。
Posted by Hataさん at April 17, 2005 16:12
インフォシェルジェさん、はじめまして♪
TB&コメントありがとうございました。

ベートーベン大好きな私ですが、4/29〜5/1は出勤に当たっていて、
この催しへの参加はあきらめていました。

でも、インフォシェルジェさんに情報をいただいて今見直したら、
4/24から他の会場でも企画があるようで、
気力があれば上京も考えようかと思います。

あとはこの月末の異動を願うばかりです。(笑)
どうもありがとうございました。(・_・)ノ☆
Posted by そら at April 17, 2005 22:58
すみません、インフォシェルジュさん、お名前間違えました。。。
Posted by そら at April 17, 2005 22:59
TBありがとうございます。情報の質の高さに感動しますた。応援しています!!
Posted by まどかっち at April 18, 2005 23:55
 はじめまして。ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのとき、A展示室でワークショップをやっていた者です。そのワークショップの様子をアップしました。よろしかったら、ご覧ください。トラックバックを送らせていただきます。
Posted by こもへじ at September 06, 2005 15:16