April 12, 2005

たった1,000円で歌舞伎見物 ?

人気ブログランキング参加中
おかげさまで現在3位です
 

歌舞伎ビギナー
今回は、歌舞伎の敷居が低くなるおはなしを
したいと思います。
 
歌舞伎から足が遠のく理由としては、大きく3つの
ポイントがあると思います。
 
1)上演時間が長い
2)チケットが高い
3)歌舞伎の言葉が難しくってわからない

 
この3つのポイントを乗り越えれば、歌舞伎に対する親近感も湧く
はずですよね。

では、ひとつずつ皆さんの不安を取り除いていきましょう。
 
1)上演時間が長い & 2)チケットが高い

確かに歌舞伎の上演時間は長いです。だいたい昼の部が11時から
始まって終演が16時、夜の部が16時半から21:00頃までです。
 
ただ、実は歌舞伎座の4階に「一幕見席」(最大150人収容)
という、歌舞伎の演目を一幕だけ見られるチケットがあるのです!
「一幕見席」 のチケットは全て、一幕見席専用窓口で
販売しています(当日券のみ)。

料金は演目にもよりますが、なんと1,000円前後なんですよ!
学生の頃は、ほとんど一幕見席で見ていました。
(学生は学生証を提示すると、一幕につきさらにチケット代が
100円引きになります!)
それに、通の人は一幕見席で同じ演目を何度も見て、
役者の芝居の
違いを楽しんでいます(ただオペラグラスは必要です!)。
 
演目によって、どのくらい前に並べばいいのか違いますが、
03-3541-3131に電話をすれば状況を教えてくれます。
 
もちろん、一幕だけではなく全ての上演を観るお客さんも長丁場を
楽しめるように、歌舞伎座にはいろいろな仕掛けがあります。
 
歌舞伎見物の楽しいところは、飲んだり、食べたりしながらみられること。

歌舞伎座には7つの飲食処(吉兆のお弁当から職人が手打ちする
お蕎麦屋さんまで、バラエティに富んでいます)があり、
幕間<まくあい>(演目と演目の間の休憩時間)に食事をとるという
江戸時代から続く習慣を経験できます。
 
縁日の屋台のようなにぎわいのあるお土産ショップもあって楽しめます。
人形焼の実演販売コーナー(おすすめは、昼の部限定10食の胡麻あん入り
人形焼)、ひとつから買える大福、縁起物の置物、人気役者の家紋と
サインがデザインされた手ぬぐい、その月の公演の舞台写真などなど、
幕間の時間では見きれないほどのグッズがあります。
(注意)一幕見席用売店はありません。、また一幕見席から他階
(1階〜3階のロビー、売店など)への入場はできません。でももしお土産を
買いたい場合は劇場正面受付に相談すると、幕間を除いて入れて
いただけますよ。

 
3)歌舞伎の言葉が難しくってわからない

この不安はイヤホンガイドで解消されます。話の筋だけでなく歴史、衣装、
所作の説明を邪魔にならない絶妙なタイミングで説明してくれますので、
ビギナーだけでなく上級者でも楽しめる内容になっています。

幕間にも色々と説明してくれるときもあるので、不思議な光景ですが
イヤホンをつけて廊下やお土産ショップを歩いているひとも
たまに見かけます。

<イヤホンガイド、歌舞伎座の場合>
貸出料650円(一幕見席は400円)。保証金1,000円。
(保証金1,000円はイヤホンガイド返却時に返金されます。)
歌舞伎座では、開場前から劇場前で貸し出しが行なわれています。
 
ロビーでは昼夜共通のそれぞれの演目の筋が書いてある筋書きが
販売されており(歌舞伎座は1,200円)、その月の役者さんたちの
写真が載っていたりしているので、観劇の記念にはなりますが、
歌舞伎ビギナーには、筋書きを読みながら歌舞伎をみるのは
大変だと思うので、まずはイヤホンガイドを聞いてみてください。
 
ちなみに、歌舞伎関連の本は沢山ありますが、歌舞伎ビギナーに
おすすめの本を1冊あげるとするならば、最近出版された
「あらすじで読む 名作歌舞伎50」です。

数ある歌舞伎の名作、傑作の演目から上演回数の多いもの50を
紹介しています。代表的な演目のあらすじ、みどころ、役者
(歌舞伎の醍醐味は役者を味わうことですから)、季節、
隠れた物語が、綺麗な写真(現役の役者ばかり)とともに
わかりやすく紹介されている、歌舞伎ビギナーには最適な本です。

初観劇のための屋号(中村屋、高麗屋など)、家計図、歌舞伎用語、
劇場ガイドも充実しています。
 
理屈はともかく、歌舞伎座の重厚な正面玄関に一歩足を踏み入れれば、
江戸の活気を今に伝えるきらびやかな非日常空間が目の前に
広がります。
 
歌舞伎鑑賞と堅苦しく考えずに、お江戸のワンダーランドを
体験してみませんか?
 
最後に雑学ひとつ、故・いかりや長介さんは、歌舞伎座に通い
歌舞伎を徹底的に研究したと言われています。廻り舞台、
笑いがあったり、女装あり、音楽があったりのエンターテイメント。
「8時だヨ!全員集合」の基礎は実は歌舞伎にあったのです!
 
今度は一見敷居が高そうな「歌舞伎会」(歌舞伎を楽しく親しんで
もらえるように設けられた会)もご紹介しますね。
 



この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
金曜、土曜ははユーミンの、こけら落としコンサートもあったらしいですね。 「品川アクアスタジアム」おススメです。
起業を考えるとき  その21  家族で味わう仕事冥利【行政書士法人あさひの「福祉法務カフェ」】at April 12, 2005 02:50
この記事へのコメント
歌舞伎も行ってるんですか?
けっこうあの前を通ると並んでいる場合が
あるんですよ。
年配の方ばかり。

新橋演舞場とは、また違いますよね。
ここでも中村橋の助とかいましたが。
知り合いがいて、控え室へ入れてもらった。
Posted by 栗原 at April 12, 2005 00:20
歌舞伎の控え室はないけど、僕も新宿コマ劇場の楽屋に知り合いを尋ね、
真田広之とすれ違い目で挨拶した(?)ことはあります。^^;
歌舞伎もきちんと知識つけて夫婦で行ってみたいですね。
Posted by 福祉法務カフェの高木 誠司 at April 12, 2005 02:45
はじめまして☆インフォシェルジェさん
かぐや姫と申します。
私も以前、よく一幕見の列に並びました。
いちば〜ん上のたか〜い席は結構好きです☆

あっ、あと・・・お礼を・・・
以前書き込みされていた海原先生のトークショーに
昨日友人と行ってきました。
いつも興味深い情報をありがとうございます。
そしてきょうもワンクリックです!

今度、是非、私のサイトにも遊びにいらしてくださいね☆
Posted by かぐや姫 at April 12, 2005 15:39
こんばんは♪
丁度お友達から,今度歌舞伎座へ行ってみない?
とお誘い受けてたところだったので,
とっても興味津々に拝見させていただきました♪
う〜〜〜ん( ̄ー ̄)゜゜゜♪やっぱり近いうち挑戦してみよっと!
Posted by zoo at April 12, 2005 22:13
メールありがとうございます。
素敵なブログですね。
歌舞伎の情報等もためになります。
応援しています。
Posted by 牧野真 at April 12, 2005 22:41
かぐや姫さん、はじめまして。

嬉しいコメント&クリックありがとうございます!

一幕見席いいですよね。歌舞伎座の天井も近いし、たまに通のおじさんとお話できたり。ブログを書いているうちに、久しぶりに行きたくなりました。

素敵なブログですね。また遊びに行きますね。

私もクリックさせていただきました。
Posted by インフォシェルジュ at April 12, 2005 23:29
zooさん、

コメントありがとうございます!
今年は歴史的な勘三郎襲名で盛り上がっている年なので、ぜひ軽い気持ちで歌舞伎デビューされてください。

“歌舞伎鑑賞”ではなく“歌舞伎見物”ですよ!

行かれたらぜひ感想聞かせてくださいね!
Posted by インフォシェルジュ at April 12, 2005 23:34
牧野真さん、

私のブログへお越し頂いた上に、嬉しく励みになるコメントも頂きまして大変感激しております。

今後共どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by インフォシェルジュ at April 12, 2005 23:44