April 03, 2005

パーフェクト・アイランド・ナイツ

人気ブログランキング参加中
パーフェクト・アイランド・ナイツ

ボビー・コールドウェルAOR
帰ってきました!!
 
1
曲目の哀愁たっぷりに歌う
In The Afterlife」は、ボビーの新作AOR
を長い間(10年位?)待ち続けた
(待ちくたびれた)多くのファンが
「これこそボビー節!」と強く頷いてしまう
素敵な曲。



メロウでメキシカンテイストな「Donna」や、デニース・ウィリアムスとの
スイートなデュエット「Where is the Love(ご存知ロバータ・フラック&
ダニー・ハサウェイによる名曲のカヴァーですね)、後半の
Perfect Island Nights」から続くトロピカルなムードの何曲かが
特にいいですよ。
 
振り返れば、ボビーが“Mr. AOR”と称されるようになったのは、
名盤「Heart of Mine」。ファンには常識ですが、ボズ・スキャッグスの
ために書いた曲を自分でセルフカヴァーし、大ヒットしました。
私はボビーの甘く、メロウでハスキーな声のほうが好きです。
 
近年の彼は、フランク・シナトラへの憧れから、AORに見向きもしなくなり、
スタンダード・ナンバーをビックバンドスタイルで歌うジャズ・シンガー
となっていました。

AORのボビーが好きなファンは、「もうAORを歌ってくれないのだろうか」
と寂しい思いで見ていたと思います(以前ブルーノートのライブで、
ひたすらスタンダードを歌い続けるボビーに対し、アンコールの時にファン
から「Heart of Mine」(だったと思います)をリクエストする声が多く
あがったのに、やっぱりアンコールでも歌ったのはシナトラでした。
あのとき私を含めたファンは不完全燃焼でブルーノートを後にしたと
思います)。
 
AOR
を望むファンの要望がボビーにも届いたのか(本人も元々完璧に
AORから離れる気がなかったらしく)、紆余曲折のあと10年ぶりにこの
アルバムが発売されたそうです。
 
ジャズスタンダードを通過したことで、さらに違うステージにいった
スタイリッシュなサウンドに、エキゾチックな雰囲気も加わった
Perfect Island Nightsおすすめですよ! 

ただ、日本盤だけのボーナストラックで、坂本九の「上を向いて歩こう」を
日本語で軽やかに歌っているボビーには、賛否両論があると
思いますが(笑)。

 

ボビーの曲を聴いたことのない方には、私が一番好きなWhere is Love
をお勧めします!アマゾンで全曲試聴が出来ますので、聴いてみて
ください。

Heart of Mine Carry Onもいいですよ(アマゾンで一部試聴が
できます)。

 

ボビーの心地よい揺らぎがある魅惑的なサウンドは、AORに熱狂した世代
の人には懐かしく、若い世代の人には新鮮だと思います。

 

今度ブルーノートにボビーが来たら、久しぶりに行きたくなりました。

 

 

 

 

 



この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
Bobby Caldwell 「Perfect Island Nights」 (2005年2月1日 US盤発売!) august_moon さんのブログ 【音楽のある風景】 で Bobby の新作発売のことが書かれていました。楽しみですね。。。
Bobbyの新作が!【MUSIC8089】at April 02, 2005 23:54
 トラバで写真♪ #10 「JAZZが聴こえてくる風景」に参加しています 大好きなBobby Coldwellの曲を聴きながら歩いてみました。    Washington, DC   Baltimore, MD Charlottesville, VA ボビー・コールドウェル・グレイテスト・ヒッツ アーテ
アメリカの街角で♪「JAZZが聴こえてくる風景」【毎日を楽しく♪】at April 03, 2005 00:45
AORの大御所ボビー・コールドウェルが新譜をリリースするらしい。AMAZONで検索してみると、、。結構働いてました。定期的にCDをリリースしてたんですね。未だに代表曲は「風のシルエット」なんていうと怒られそう。。。今回のCDシークレット・トラックには、故坂本九とも友人
上を向いて歩こう〜パーフェクト・アイランド・ナイツ【東京いい店やせる店】at April 03, 2005 11:45
パーフェクト・アイランド・ナイツミスターAORが帰ってきた!ここ数年ジャズに傾倒していたボビー・コールドウェルだが、ファン待望の、『ソウル・サヴァイヴァー』の延長線上にあるとも言えるAORアルバムをついに発表。 『パーフェクト・アイランド・ナイツ(静かな島で過
パーフェクト・アイランド・ナイツ ボビー・コールドウェル【日刊ミュージック】at April 03, 2005 14:38
7時過ぎに出勤するけど、凍結してないやろなぁ。 不安です。 軽ではあるけど四駆のスタッドレスやからぼちぼちいけば大丈夫でしょう♪ 先週の月曜日にさなえさんのビタミンKのラジオ関西クラシックスでかかってた曲を紹介します。 リクエストされた方がディスコミュージッ.
凍結・・・【Happy Music】at April 04, 2005 22:39
何故か今日知った。今年の春頃に新譜が発売になるのはなんとなく聞いていたけれども、どうやら2月1日にUS盤が先行発売される。(日本盤の発売日は未確認)。 アルバム"Blue Condition"と、"Come Rain Or Come Shine"はジャズ・アルバムだったし、"Soul Survivor"はス
待望のボビー・コールドウェルの新譜発売決定!【音楽のある風景】at April 08, 2005 18:16
かれこれ10年以上使っているCDラジカセは、今は台所の浴室に近い場所に置いてあって、 出勤する朝は、J−WAVEをかけて時計代わりにし、 休日にあんまり好きでない家事をこなす時や、入浴の時にはお気に入りの音楽を鳴らしてくれるという、 重要な役目を担ってい
「美女と野獣」サウンドトラック【サッカーと演劇の日々(仮)】at April 09, 2005 00:31
人気blogランキングへボビー・コールドウェルと言えばAOR界を代表するアーティストの一人だが、ここ数作のアルバムではジャズの名曲を取り上げたりしていた。ボビーは日本でも固定ファンがいるのだが、私もその一人だが皆何時になったらボビーはAORシーンに帰って来...
新譜レビュー1〜MR.AORボビー・コールドウェルの新作『Per...【KINTYRE’SPARADISE】at September 28, 2005 23:18
この記事へのコメント
ジャケット見ただけでやったぁ〜って感じです。残念ながら視聴はできなかったのですが、さっそく注文しようと思います。TBありがとうございました☆
Posted by barbie at April 03, 2005 00:49
ボビーの写真、きれいですね。私はああいう景色もたいへん好きなんですよ。タヒチ島とか「ブルーハワイ」っぽいのが。

歌の話を書いていただいて、景色の話になって申し訳ないですが。

歌は、マライアキャリーの「恋人たちのクリスマス」です。

あと昨日の「インパルス」私もファンで、新宿の吉本の7時9時で見に行った
ぐらいです。
Posted by 栗原敏彰 at April 03, 2005 01:39
はじめまして。先日はTBありがとうございました。
遅ればせながらTB返しと、コメントを残させて頂きます。
私は最近このCDを購入いたしましたので、
今聴きこんでいるところです。
また年末に来日ツアーあるといいですね。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by august_moon at April 08, 2005 18:20
はじめまして。
私、これまだ聴いてませんが、皆さんのコメントをみていると
良さそうですね。
私も別のアルバムを取り上げましたのでTBさせてくださいね。
Posted by Sken at June 28, 2005 21:03