March 26, 2005

「リサとガスパール」のほのぼのワールド!

人気ブログランキング参加中!

                 G&L     

パリ生まれ、世界中で愛される
「リサとガスパール」のほのぼのワールド!
(
大丸のサイトから)

赤いマフラーのリサは、キュートでおしゃまな女のコ。
青いマフラーのガスパールは、ローラーブレードを
乗り回す行動派の男のコ。
イヌでもないウサギでもない空想上の不思議な
生きもののふたりが繰り広げる物語は、子どもらしい
豊かな想像力と好奇心にあふれ、絵本を開くたびに新鮮な驚きと
感動をあたえてくれます。

鮮やかな色彩の絵の具をたっぷり使って描かれた温もりのあるタッチ、
ユニークなストーリー展開で、フランス本国のみならず世界中の絵本ファン
に愛されるシリーズ「リサとガスパール」。
パリ在住のゲオルグ・ハレンスレーベン(絵)とアン・グットマン(文)
夫妻によって生まれたこの絵本シリーズは、日本にもファンが多く、
子どもばかりではなく若い女性たちにも大人気です。

本展では、「リサとガスパール」シリーズを中心に、夫妻の新しいしかけ
絵本シリーズ「ペネロペ」などの絵本原画約120点とスケッチや下絵など
貴重な資料を展示するほか、会場内のショップでは絵本やグッズも
販売いたします。

ぜひこの機会に、リサとガスパールの魅力をたっぷりとお楽しみください。

リサとガスパール絵本原画展
ゲオルグ・ハレンスレーベンの世界

2005年3月24日(木)→4月12日(火)

●会期中無休

入場時間
午前10時→午後7時30分(8時閉場)
※最終日は午後5時まで(5時30分閉場)

入場料<税込>】
一般800円(600円)・大高生600円(400円)
中学生以下・障害者手帳(身体障害者手帳、精神障害者保険福祉手帳、
療育手帳、小児慢性疾患手帳、被爆者健康手帳)をご提示の方および
その介添えのための同伴者1名様まで無料。
※( )内は前売り・団体10名様以上の料金。
前売券はチケットぴあ、およびファミリーマート、サンクス、
セブンイレブンの各店舗(Pコード685-787)にて、3月23日(水)まで
お求めいただけます


●主催:読売新聞東京本社
●後援:フランス大使館 文化部
●企画協力:渋谷出版企画
●特別協力:白泉社/月刊MOE、えほんミュージアム清里

「リサとガスパール」をご存知ですか?

今や子供だけでなく大人の女性たちからも
共感を呼び、瞬く間に世界中で愛されるように
なった絵本シリーズです。
そして彼らの初の本格的な展覧会が今開催中です。

イヌでもなく、うさぎでもない架空の動物の二人は
パリに暮らし、人間の学校に通い、人間の子供たちと
一緒にくらしています。

赤いマフラーのリサはキュートでおしゃまな女の子、
青いマフラーのガスパールは、強がりだけど本当は
甘えん坊の男の子。

リサは失敗しても、お得意の「わたしってあたまいい!」
と言って切り抜けたり、退屈になったので部屋をちらかしたりと、
その小生意気さにくすっと笑ってしまったり、子供らしい
ほのぼのとした想像力に春の陽射しのようなぬくぬくとした
気持ちになったりします。

この絵本は作者が住むパリの日常風景から
生まれたので、リサがポンピドゥーセンター(!)に住んでいたり、
ギャルリー・ラファイエット(パリにある実在するデパート)
で二人がやりたい放題したり、と好奇心旺盛な二人が毎回騒動を
起こします。

物語のユニークさとフランスっぽいウイットに富んだ内容は
かなりくせになります。

今回の展覧会では、絵本の原画120点(!)の展示に、絵本や
マグカップ、ぬいぐるみなどグッズなど約250点が販売
されています。

リサとガスパールを知らなかったひとも、大好きな人も
必ず楽しめる彼らの魅力があふれる展覧会でしょう。

今度の休日は、リサとガスパールと一緒にパリを散歩してみませんか?



この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック
まずは「リサとガスパール」の方から。 リサ(白い方)と、ガスパール(黒い方)謎の生物が可愛くて好きです。 なんだかなごむ可愛いヤツ、そして色合いが好きです。 以下の外国サイトで、絵本の中の絵を幾つかそれぞれ見る事が出来ます。 このシリーズの絵本が、世界各国で
「リサとガスパール」と「ペネロペ」【ポコアポコヤ】at March 26, 2005 07:37
 リサとガスパールの絵本に出会ったのは、今年の夏のことです。娘が19歳、息子が1
リサとガスパールのシリーズ絵本【ほのぼの文庫】at March 26, 2005 21:30
今月の『metro min.』 を見ていたら、 『リサとガスパール絵本原画展』 3月24日〜4月12日 大丸ミュージアム・東京 おぉっ!!! こりゃ、行かないと〜♪ っていうわけで、一人美術館。(笑) 画用紙か何かに書いてるんだろうな。と思ってたけど、 建築製図用の厚
『リサとガスパール絵本原画展』【ココロ気分は○○気分【hana美人化計画。】】at March 27, 2005 01:20
以前『リサとガスパール』の記事を書いた時にぬいぐるみの写真しかアップしていませんでした。検索でココに来られる方が結構いらっしゃるので新たに写真をアップしたいと思います。 マグカップ(正面) マグカップ(背面) マグカップ(底面) ぬいぐ...
リサとガスパール【□■□ kokoro no kotoba □■□】at March 29, 2005 23:53
 八重洲口大丸ミュージアムで開催されているリサとガスパール絵本原画展に行って来ま
リサとガスパール絵本原画展に行きました。【ほのぼの文庫】at April 11, 2005 18:04
【asahi.com】クリスマスをイメージした「立体絵本」が大阪・梅田の阪急百貨店梅田本店のショーウインドーにお目見えし、通勤客らの目を楽しませている。仏の絵本「リサとガスパール」の世界が表現されており、クリスマスツリーや雪の積もる街並みがディスプレー内に描....
ショーウインドーに「立体絵本」 大阪・梅田の百貨店【拾稔堂店長のこうかい?日誌】at November 10, 2005 18:26
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
「リサとガスパール」札幌は昨年秋の展示でしたが、ほんとうに可愛くて
ついつい長居して、いろんなグッズを買ってしまいました。
白と黒のうさぎみたいな犬みたいな・・・
不思議な魅力にはまってしまいました。
どちらかというと大人が楽しめるような気がします。
今も部屋にはお気に入りの2人が「キョトン!」としています。
(*^^)
Posted by wata at March 26, 2005 01:00
いろいろなイベント情報詳しいですね。

最近知ったのですが、三越カード
(年会費2100円)を持っていると、
三越のイベント、たとえば、
ドリフターズ展示会とか
2名まで無料なんですね。

今まで知らなくて券を買っていました。
そういう情報も知っていれば公開
してください。
コンシェルジュさんは、なんでも
詳しいので。
Posted by 栗原 at March 26, 2005 11:35
 トラックバックをありがとうございました。リサとガスパールのシリーズは赤ちゃんから大人まで楽しむことができる絵本ですので、大好きです。危うく原画展情報を見逃してしまうところでした。お知らせいただき、本当にうれしいです。
 数え切れないくらいあるブログの中から「ほのぼの文庫」にトラックバックいただけたこと、心よりお礼申し上げます。
 こちらのサイトはステキな情報満載。これからもどうぞよろしくお願い致します。
Posted by まざあぐうす at March 26, 2005 21:36
はじめまして。

コメント、まざあぐうすさんのブログでのご紹介ありがとうございます。

テーマにぴったりの素敵なブログですね!

こちらこそ、今後共どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by インフォシェルジュ(まざあぐうすさんへ) at March 27, 2005 00:22
はじめまして。
TBありがとうございます。

リサとガスパールの出会いは新宿伊勢丹の地下2階、BPQCにコーナーが設けられていた事でした。

犬でしょ?って突っ込みたくなる様な姿や
なんとも突っ込みたくなる所満載なのが
またかわいい♪って感じです。

Posted by hana at March 27, 2005 01:29
かわいいですよね♪
昨年のクリスマス時期に、大阪の阪急百貨店のショーウィンドウが「リサとガスパール」でした♪
Posted by はな* at March 28, 2005 19:23
先日はTBありがとうございました。
リサ・ガス凄く人気がありますよね♪
絵本はまだ読んだ事がないんです。
でも、今年の年賀状はリサ・ガスの
イラストを使いました♪
とっても可愛いので、暑中見舞いや
来年の年賀状にも使おうと思ってます♪
Posted by * m a n a * at March 30, 2005 00:00
最終日間際にリサとガスパールの絵本原画展に行って来ました。行ってよかったと思いました。絵本で見るのとは違って、とても繊細に描かれていることを感じました。

 今日の記事をトラックバックさせていただきました。インフォシェルジュさんのお陰でリサとガスパールの絵本の原画を見る事ができて幸せなひとときでした。

 改めてありがとうございます。
Posted by at April 11, 2005 18:08